読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BKKK

タイ生活備忘録/その他

タイで運転免許を紛失した→再発行した

前回、タイで運転免許を取得した事を下記記事にしたが、

meehaa.hatenablog.com

 早速紛失した。財布ごとスられた。
しかも、普段行くことなどありえないRCAのチャラ箱にて…

慣れないところは危険がいっぱい。
逆に、いつもお世話になっているパーティーピーポー達は本当に安全でフレンドリーで優しくて、ということを実感して、彼らの優しさと自分の情けなさに涙が出てくる。

落ち込んでいてもしょうがないので、まず紛失した際にどうすればいいのかGoogle先生に聞いてみた。

そしたら、意外に再発行は簡単そうだ、ということが発覚したので、ちょうど会社が休みの平日だった日に再発行へ行ってきた。

 

必要なもの

  1. 紛失届
    警察署にて発行してもらう

  2. パスポート原本
    コピー箇所が分からなかったので、原本だけ持って行って現地でコピーした

  3. 発行手数料
    300バーツ以内

これだけ。

もしあれば、免許証のコピーや写真があると便利。
記載されている番号によって本人確認の照合ができるため、再発行までの流れがスムーズになるとのこと。

 

警察署に行く

まずは、警察署で紛失届を発行してもらう。

「免許証をなくした」といえば、作ってくれる。
タイの旅行者には同じような被害を受ける人も多いようで、(自分で酔っ払って無くしたと思われる人も含めてね)すぐに紛失届を作る手続きに着手してくれる。

無くした場所を聞かれるので、警察署の近くと言っておこう。 
なぜなら、もし無くした場所が訪問した警察署の管轄外の場合、「発行できない。管轄の警察署に行け」と言われてしまう。

ここでの目的はあくまで紛失届の発行であって、落し物を見つけることではない。
落し物を見つけたいのであれば、その管轄の警察署に行くべきだが、まずタイで見つかることはない。

無くしてしまったものは、みんなのものである。ここは割りきって心で泣き、「この近くでなくしたんです」と打ち明けよう。

 

陸運局へ行く

前回と同じ陸運局に行った。
書類は、先述の通り紛失届とパスポートのみ。

で、同じように受付で「再発行」と伝えて書類を確認してもらって、パスポートのコピー箇所を指示してもらう。
その際、「ワークパーミットは?」と聞かれドキッとしたが、「今日は持ってきて無いです」というと、「あー。。。OK」との事。
そこらへんは、あると便利、的なことなのだと思う。

指示された窓口に持って行って、番号札を受け取り、待つ。
電光掲示板に自分の番号が表示されたら、写真を取って、発行手数料を払って(300バーツ以内)、発行されて終了。
メッチャ簡単。

書類関係に、大使館発行のものや病院発行のものがいらないので助かった。

 

まとめ 

  • 警察署発行の紛失届は必要
  • パスポートと紛失届だけで再発行可能
  • 免許証のコピーを持っていると便利らしい

簡単なのはとても嬉しいのだが、もう2度とこんな体験したくない。
財布の中身を思い出すだけでも大変だし、クレジットなどのカードを止めるのも簡単だけど面倒だし。

夜遊び外出時には、必要最低限のものだけ持ちだそう、と、決心した出来事であった。