読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BKKK

タイ生活備忘録/その他

運転手: ウィンカーの使い手

とても短い話です。

まさに今、運転してくれている運転手は、少し天然。
でも、天然であるからこそ、悪さをしないから安心できる。
多少の出来事は自分の許容範囲の中で吸収すれば良い。

 であるが、理解できないことがある。

それは、ウィンカーの使用方法である。
今でこそ慣れたものの、未だに理解はできていない。

 

ウィンカーの魔術師

というのは。1日に1回位ある出来事。

たまに、曲がる場所の相当前からウィンカーを出しっぱなしにするんです。

どういうふうにウィンカーの長さをカテゴライズしているのかは不明。
長い時は、距離的に1キロも2キロもつけっぱなし。
後続車は「え、いつ曲がんの?」と気持ちがフワフワしてしまっているだろう。

そして、ウィンカーの時間がながければ長いほど、あの「チッカーチッカー」という音のループが気になってきてしょうがないんです。 

 

ウィンカーテロ

そしてこの運転手の極めつけ。

曲がる直前にウィンカー消すんですよ。。。

ウィンカーの意味はティーナイ?(タイ語で「どこ?」)

一応、タイの交通ルールなのかもしれないと思い、他の車のウィンカー事情をチェックしたが、他の車はちゃんと曲がりきるまでウィンカーを出し続けていた。
私の天然おっちゃんドライバーだけがやっぱり少し異常らしい。

一度理由を聞いたことがあるが、
「へへへ・・」
と言われた後に流暢なタイ語で話されてこちらがKOしてしまった。

ーーー 

特にオチはありませんが、機会があればウィンカーを出し続けて走ってみてください。

ちょっと不安な気持ちになると思います。