読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BKKK

タイ生活備忘録/その他

ペルー・ボリビア旅行記 -アウトライン-

新婚旅行で、ペルー・ボリビアを旅してきた。


ほぼ10割の知人の反応が

「なんで南米?」
「タイに住んでるならモルディブとかヨーロッパ行けばいいのに」

だったけど、南米旅行を決行した。

 

 

1. なんで南米?


モルディブは日本に住んでいる時よりも近いから、短期間で行ける。
ヨーロッパもタイに住んでいれば、気合を入れなくても旅ができる範囲。

南米は、体力と時間が無いと行くチャンスがない。
タイミングを逃したら一生行けないかもしれない。

新婚旅行ならまとまった時間が取れる。
まだ若い。まだ体力もイケる。
だからこそ、南米をチョイス。


2. 旅行日程

8日目以外は、飛行機もしくは車や電車の長時間移動がある。
同じホテルに連泊したのも8日目のみ。

  • 1日目:移動のみ
  • 2日目:ナスカの地上絵、ワカチナ
  • 3日目:パジェスタス島、海辺ドライブ
  • 4日目:クスコ市街、シャーマン診断
  • 5日目:マチュピチュ、ワイナピチュ
  • 6日目:ラパス市街
  • 7日目:列車の墓場、ウユニ塩湖
  • 8日目:終日ウユニ塩湖
  • 9日目:移動のみ(ちょっとラパスで買い物)
  • 10日目:移動のみ
  • 11日目:移動のみ

怒涛の移動三昧に見えて、実はかなりゆっくり楽しめたし、しっかり休めた。
プライベートツアーだったので、時間に縛られた団体行動が無かったことが大きい。
逆に、団体ツアーに参加していたらかなりしんどかったと思う。


3. あってよかった物

  • パジャマ
  • 歯ブラシ/歯磨き粉
  • ルームシューズ
  • ウェットテッシュ
  • 高山病の薬
  • トレッキング靴
  • 日焼け止め
  • 酔い止め
  • 小型スピーカー
  • モバイルブースター関連

(以下、ウユニ塩湖対策)

  • 真冬の装い
  • ホッカイロ
  • 長靴 or ゴア靴


知人のBlog記事の通りだと思った。
[参照先:名古屋コーチン半熟なめらかプリン: ペルー旅行]

 

シャンプーリンス、ドライヤー、バスタオルなどのアメニティは充実しているが、
バスローブと歯ブラシだけは、どこのホテルも(ランク問わず)本当に置いてない。

連泊ができない=洗濯できない。
ので、Tシャツと下着だけは沢山持って行ったほうが良い。


4. 不要なもの

  • 変換プラグ
  • シャンプー/リンス
  • 変圧器

ペルーとボリビアは、日本のプラグが普通に刺さる。

よく旅の本の持ち物リストに変圧器が載ってるけど、買う前に電化製品のアダプタの対応電圧を確認すべき。

"100~240V"と書いてあれば、世界中どこでも使える。PCやデジカメ等の充電器はほぼ100~240Vに対応しているはず。

だたしNintendo 3DSの本体同梱ACアダプタは、100Vのみ対応。
これはDSの海外対応アダプタを購入したほうが良い。

なぜなら、変圧器はとてつもなく重い。
現物を持ったことがない人がamazonで気軽にチーポーしたら、届いて手にした時に絶望するんじゃないかと思うくらい「ズシッ!」と来るはず。標高3,000m以上のクスコ、ラパス、ウユニでは荷物の重みが相当堪える。


5. 手配方法


>バンコク〜リマまでの航空券
自力。UNITED AIRのWebサイトにて。
UA、色々嬉しい誤算があった。
日本語吹替の映画が充実している。
ご飯がシンプルでおいしい。
酒が有料なのはツライ。

>リマ以降移動手段+観光
南米に拠点を置く現地旅行代理店、Only one travelさんに依頼。
ここがもう、大当たり。最高。



・・・概要はこんな感じ。

次の記事では「行こうと思ったきっかけ〜出発前夜まで」を書こうと思う。